国際経済論 課題2

閲覧数90
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2  伝統的な「金本位制」と戦後のいわゆる「金・ドル本位制」の違いについて端的に説明し,比較検討しながら自身が考えたことを自由に論述せよ。


    参考文献:『国際政治経済学・入門 第3版』、『クルーグマン国際経済学 下・金融編』、『国際経済学入門(Ⅱ)国際マクロ経済学編』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際経済論(科目コード R31100 )課題2 横書解答 次の中から 1 問を選択し,番号に必
    ず〇印を付けて答えなさい。 1 対外的な資本移動が完全に自由化されており,内外の
    金融資産が代替的であるときに,拡張的な財政政策を,国債発行など民間資金でファイナ
    ンスして実行したとき,変動相場制と固定相場制を採用している場合では経済効果はどの
    ように異なるであろうか。できる限りグラフを用いて論述せよ。 2 伝統的な「金本位
    制」と戦後のいわゆる「金・ドル本位制」の違いについて端的に説明し,比較検討しなが
    ら自身が考えたことを自由に論述せよ。
    国際経済論 課題2 ポイント・キーワードと参考文献
    〈ポイント〉 問 1 については,第 3 章を熟読し,理論的な枠組みを,特にグラフの理解
    を中心 として整理しておく必要がある。 問 2 については,第 4 章を通読し,それぞれ
    の時代の特徴をきちんと把握すると同時に,時代の流れの中で経済的な中心が欧州からア
    メリカへ移行していくプロセスを時系列的に整理しておこう。 〈キーワード〉 教材の
    中にゴシック体で記載されている語句を中心に参照し,用語を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。