国際経済論 課題1

閲覧数77
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    1  第二次世界大戦後の国際経済システムの展開を,とりわけブレトンウッズ体制を主軸として説明し,自身の考えたこと及び評価を自由に論述せよ。但し,金・ドル本位制,流動性ジレンマ,IMF,GATTの4つの語句を必ず使用すること。


    参考文献:『国際政治経済学・入門 第3版』、『クルーグマン国際経済学 下・金融編』、『国際経済学入門(Ⅱ)国際マクロ経済学編』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際経済論(科目コード R31100 )課題1 横書解答 次の中から 1 問を選択し,番号に必
    ず〇印を付けて答えなさい。 1 第二次世界大戦後の国際経済システムの展開を,とり
    わけブレトンウッズ体制を主軸として説明し,自身の考えたこと及び評価を自由に論述せ
    よ。但し,金・ドル本位制,流動性ジレンマ,IMF,GATT の 4 つの語句を必ず使用する
    こと。 2 いわゆる「伝統的な貿易政策」について整理し,自由貿易と保護主義につい
    て比較検討しながら,それらに対する自身の考えを述べよ。
    国際経済論 課題1 ポイント・キーワードと参考文献
    〈ポイント〉 問 1 については,第 1 章を熟読しておくこと。その上で,自身がどのよう
    に考えるかを,歴史的経緯をふまえて論述すること。 問 2 については,伝統的貿易理論
    について整理する際に,それらが自由貿易主義の思想とどのように関連しているかを考え
    ること。また,そうした考え方と対照的 な保護貿易政策論についても,経済学をベースと
    して自身の考え方を確認しておく こと。 〈キーワード〉 教材の中にゴシック体で記載
    されている語句を中心に参照し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。