教育心理学2

閲覧数143
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 通信教育学部  合格レポート
    PA2030   教育心理学 (2単位目)

    明星大学の教科書や、その他の参考文献も丁寧に読んでいます。
    その後、「科目の到達目標」に沿った勉強をしてから、レポートを書いています。レポートを書いてから、テスト前にテスト勉強をするのではなく、テスト勉強を同時進行する形で進めてきました。
    また、レポートを作成する際には、課題に対して的確に回答できるよう、意識しました。
    各教科の課題、本文に加え、評価についても載せています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学レポート PA2030 教育心理学
    〈 レポート課題(2単位目) 〉
    学習意欲(動機づけ)を支えるメカニズムに関する様々な理論に基づき、児童生徒の学習意欲を向
    上させるための教育実践の在り方について述べなさい。
    〈レポート本文〉
    人や動物の行動を生じさせたり、行動を維持・継続させたり、あるいは行動を終わらせたり
    する機能が動機づけである。さらに、動機づけには、外発的動機づけと内発的動機づけがある。
    目標が外部に明確に存在し、それによって行動が生じている場合を外発的動機づけという。こ
    れに対し、外的な目標・誘因が存在せず、行動それ自体が報酬となっているような場合を内発
    的動機づけという。純粋にその行動自体が楽しいからするということである。また、内発的動
    機づけに関係の深い動機としては、感性動機、好機動期、操作動機、認知動機がある。これら
    も、全てなんらかの報酬を期待しているから行動するのではない。
    また、内発的に動機づけられていて、外的な報酬なしでも行動が生じているところに、金銭
    などの外発的報酬が得られると、内発的動機づけが低下してしまうことを、アンダーマイニン
    グ現..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。