八洲学園大学 生涯学習論1 2020春期 第1回課題

閲覧数83
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    評価Aのレポートです。低価で提供いたしますので参考資料としてご活用ください。なお大学では他人のレポートの転用は厳禁ですのでご注意ください。
    第1回課題
    1.テキストの第2章第3節「生涯学習と学校教育」を「主体的な学び」の考え方を中心に800字程度にまとめなさい。
    2.1~3章までで自分が最も興味を持った事項(考え方、制度・仕組、取組など)について、100字程度でまとめてください(興味を持った理由も含め)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.臨時教育審議会が「生涯学習体系への移行」を提言して以降、ほぼ十年毎
    に改訂されてきた学習指導要領の中で、時々で表現は違うものの一貫して示さ
    れ、求められたものが「主体的な学び」という理念であった。
    学習指導要領では、暗記を中心とした知識偏重のいわゆる「つめこみ教育」
    への反省の中で、1989 年の改訂では「自ら学ぶ意欲と社会変化に主体的に対応
    できる能力」の育成が明記された。1998 年の改訂では「子どもたちに豊かな人
    間性や自ら考える力など『生きる力』を育成する」ことが目指された。2008 年
    の改訂では『生きる力』という理念をもとに、「思考力・判断力、表現力」等の
    育成が謳われた。さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。