八洲学園大学 図書館情報資源概論 2020春期 第2回課題

閲覧数60
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    評価Aのレポートです。低価で提供しますので参考資料としてご活用ください。なお大学では他人のレポートの転用は厳禁ですのでご注意ください。

    (出題)
    下の1)2)の設問にそれぞれ答えよ。
    1)わが国における商業出版・流通の特徴について、「取次」「委託販売制度」「再販制度」の3点を含めて説明せよ。(2,000字程度)
    2)コレクション構築のプロセスの概要をまとめ、公立図書館においてコレクションを構築する際に留意するべき点について考察せよ。その際、実際に公立図書館を訪れ、構築されたコレクション群を観察して得られた気づきを考察に加えること。(3,000字程度)
    ※【重要】設問2)について、コレクション構築の留意点を考察する図書館は公立図書館(都道府県立または市区町村立図書館)とする。「学校図書館専門職養成 基礎プログラム」履修者においても公立図書館に関する考察を必ず行うこと。その上で学校図書館に関する考察を別に加えることは構わない(この場合の字数制限は3,500字程度とする)。
    ※レポートの作成には、下記の<課題の解説>およびシラバス記載の「課題作成上の留意点」を熟読の上、十分留意すること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「わが国における商業出版・流通の特徴についての考察」 レポート評価 A
    1.わたしたちが書店で書籍や雑誌を購入するとき、カバーの裏表紙には定
    価が記載されていて、それより安く買えた経験はまずないが、あまり不思議
    には思ってこなかった。これは、日本の図書の出版や流通は他の商品とは違
    う独自性をもっているからである。その特徴について「取次」「委託販売制
    度」「再販制度」に触れながら考察したい。
    2.商業出版物の特徴
    書籍や雑誌などは商業出版物と呼ばれているが、他の流通している商品と
    比較すると、似たような内容のもので代替えが効くというものではなく、多
    種・少量生産であること、良ければ繰り返し買うというような反復購入も考
    えられにくいなどの特徴がある。さらに、その出版物の有用性は人の価値観
    に起因するものなので、客観的に優劣をつけられるような種類の商品ではな
    いところも大きな特徴となっている。市場原理だけで淘汰されないような、
    書籍や雑誌の出版・流通制度がなされてきたのはこの特徴があるからだとい
    える。
    2.「取次」の機能
    商業出版物を出版する企業を出版社という。日本では 2018..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。