八洲学園大学 図書館概論 2020春期 第1回課題

閲覧数33
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    評価Aのレポートです。低価でご提供いたしますので参考資料としてご活用ください。なお大学では他人のレポートの転用は厳禁ですのでご注意ください。

    図書館概論第1回レポート課題
    現代社会において、なぜ公共図書館が必要なのか」を具体的に論じなさい。
    1,600字以上1,800字以内にまとめること。参考文献・注は文字数に含めない。多少の文字数(200字程度)の超過は認める。字数の超過よりも内容を重視してほしい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代社会においての公共図書館の必要性について」 レポート評価 A
    1.はじめに
    総務省の「平成 29 年通信利用動向調査」(2018)によると、20 代・30 代のイ
    ンターネット利用率は2008年には既に両者とも95%以上の高い水準となってい
    て、さらに 20 代・30 代のスマートフォンの個人保有率は 2016 年に両者とも 90%
    を超える時代となっている。(注1)
    情報技術の革新は個人が誰でも簡単に情報を発信し、情報を得ることができ
    る高度な情報社会をもたらしたといえる。一方でインターネット上には情報が
    溢れすぎているために、かえって求めている情報にたどり着けなかったり、個
    人のバックボーンを反映した偏った情報や、信憑性に欠ける情報、断片的であ
    ったり、一時的な情報であったりするなどの課題もある。
    「1950 年時点で5%に満たなかった我が国の高齢化率は、2015 年には 26.7%
    へと急激に上昇。 2060 年には 39.9%と 65 歳以上人口が約 2.5 人に 1 人という
    社会になる見通し。」(注2)であるという。到来する超高齢社会では、情報リ
    テラシーの問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。