人権(同和)教育  2020最新レポート 50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校

閲覧数313
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    「同和教育史の概括と意義」と実践を丁寧に論じていますとフィードバック頂きました。
    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。  のレポートです。

    参考文献もかなり使っております。レポートを作成しつつ、参考文献の書き方、引用の方法を学べるレポートになっております。
    質の高いレポート作成の参考になれば幸いです。

    盗用・剽窃おやめください。丸写しはおやめください。大学の罰則対象になります。
    あくまでも皆様の参考としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人権(同和)教育
    設題 1 50 年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と
    学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。3200 字
    「同和教育」とは、同和問題を解決するための教育の営みの総称であるが、ここでは、
    同和問題解決に向けて実際に実施された取り組みや、学校現場で取り組まれたこと又は地
    域の方々と連携して行われたことなども取り上げていきたい。さらに、同和問題の教育的
    観点からの歴史や実際の取り組みを学んだうえで、私自身にどのような取り組みができる
    のか、考察・提起していきたい。そこで最初に、同和教育史の概括していく。
    1 同和教育の概括
    同和問題とは、日本社会の歴史的発展の過程において形成された身分階層構造に基づく
    差別により、現代社会においてもなお著しく基本的人権を侵害され、特に近代社会の原理
    として何人にも保障されている市民的権利と自由を完全に保障されていないという、最も
    深刻にして重大な社会問題である[文部科学省(2009)]。つまり、全ての状況(経済的・
    社会的・文化的)において低位の状態に置かれるということである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。