公的データを用いた日本の世帯動向について

閲覧数866
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【概要】
    社会福祉士養成課程の課題です。
    社会理論と社会システム

    日本の世帯動向について公的データを用いて述べる。

    【目次】
    1.日本における家族形態の変化
    2. 家族形態が変化した要因

    【引用・参考文献】
    ① 中央法規出版(2014)『新・社会福祉士養成講座3 社会理論と社会システム』
    ② 平成27年国勢調査 世帯構造基本集計結果
    https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka/kihon3/pdf/gaiyou.pdf

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.日本における家族形態の変化
    世帯は「住居と家計をともにする人々の集まり」と定義される行政上の概念であり、社会の基礎単位
    である家族とは大きく重なるが多少ずれが生じる。例えば、単身赴任の夫や下宿中の子どもは家族であ
    るが世帯には含まれない。しかし、本レポートでは両者の大きく重なる部分に着目して、世帯の変化を
    家族形態の変化と同義と捉えて概観する。
    家族形態の変化は、平均世帯員数の推移に表れている。日本は 1920 年~1960 年では「三世代世帯」
    が含まれる直系家族世帯が 30%を超えていたが、その後は減少することとなった。代わりに台頭してき
    たのは高度経済成長期に農村から都市へ移動し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。