保健医療サービスにおけるチームケアについて

閲覧数210
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【概要】
    社会福祉士養成課程の課題です。
    保健医療サービス

    最低生活保障水準と生活保護基準の考え方について概観する。

    【目次】
    1.チームケアの概観
    1)チームケアとは
    2)チームケアの類型と社会福祉士に求められる役割

    【引用・参考文献】
    1.新・社会福祉士養成講座17 保健医療サービス 中央法規出版

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.チームケアの概観
    1)チームケアとは
    チームケアとは、様々な専門性を持った多職種のチームメンバーが、有機的な連携体制を構築し、ク
    ライエントを多職種連携のネットワークで支えるケアのことである。チームケアはクライエントに必要
    な支援が最適なチームメンバーから迅速・円滑に提供されることを強みとしている。そのため、チーム
    ケアを用いることでクライエントは質の高いケアを受けることが可能となり、その結果生活の質の向上
    へと繋がる。
    日本は高齢化がさらに進むと見込まれており、地域住民の安全で安心な暮らしを守る地域づくりを求
    められるようになった。そこで登場した、住まい、生活支援、医療、介護、予防..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。