中央大学通信 2020年 特殊講義第2課題 [評価B]指導アドバイス付

閲覧数265
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2020年度、中央大学法学部通信教育課程 特殊講義第2課題。B評価。指導アドバイスを、文書最後に付けています。

    課題文
    「少子高齢社会の課題について、教科書の記述を参考にしながら、自分自身の観点によって、大所高所にたって論じなさい。」

    最後に、本ページ下記「資料の原文内容」にうまくレポート内容が反映されていませんが、ダウンロード可能なレポートは、大学のレポート規定内容になっておりますので、ご安心頂けたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )


    はじめに
    少⼦⾼齢
    社会
    とは出⽣率の減少による少⼦化と⾼齢者の増加による⾼齢化の
    2
    つが組み合
    わさった⾔葉で、⼦どもが少ないのに⾼齢者が多い状態のことを



    少⼦化の原因には

    価値観の変化(未婚化・晩婚化)

    ⼥性の社会進出、社会経済の悪化
    があり

    ⾼齢化の原因には

    医療の進歩による平均寿命の上昇が挙げられ



    少⼦⾼齢
    社会
    の課題
    について
    (教科書記述
    の参考点

    少⼦
    ⾼齢
    社会
    は、
    ⼥性
    への
    課題


    い。
    少⼦化
    は、


    ⼥性


    出産・⼦育


    で


    環境



    られる
    社会
    づくりに
    主体的



    れるか
    どうか

    課題
    となる。
    ⾼齢化
    も、



    ⾼齢化

    対応
    した
    社会
    づ
    くり
    ができるかが
    課題
    である

    何故
    なら、
    平均寿命

    ⼥性
    が



    ⼥性
    が

    される
    可能性
    が


    ため、
    低年⾦

    ⼥性

    ⽼後⼀⼈
    で
    ⽣計


    てるの
    が
    ⾮常


    しい
    状況
    となってい

    からだ

    広岡先⽣
    は、
    男⼥共同参画

    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。