中央大学法学部 通信課程【保険法】合格レポート: 生命保険契約における告知義務と、違反した場合の効果

閲覧数111
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    【保険法】中央大学法学部 通信課程
    2017年度 第2課題 合格レポート

    <問題> (2,000字程度)
    生命保険契約における告知義務について説明した上で、それに違反した場合の効果について論じなさい。

    ※アドバイスコメントを欄外に記入しました。参考になると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【保険法】 合格レポート
    <問題> (2,000字程度)
    生命保険契約における告知義務について説明した上で、それに違反した場合の効果につい
    て論じなさい。
    1.生命保険契約における告知義務について
    (1) 告知義務の意義
    生命保険契約における告知義務については、保険法37条(告知義務)に「保険契約者又
    は被保険者になる者は、生命保険契約の締結に際し、保険事故(被保険者の死亡又は一定
    の時点における生存)の発生の可能性(危険)に関する重要な事項のうち保険者になる者
    が告知を求めたもの(告知事項)について、事実の告知をしなければならない。」と定め
    られている。
    ここで「重要な事項」とは、危険の選択(測定)をするために必要な事項、すなわち保
    険者による保険契約の引受けの可否、あるいは引受条件の判断に影響を及ぼす事実とされ
    る。
    つまり、保険契約においては、保険契約者または被保険者(以下「保険契約者側」とい
    う。)は、保険者に対して、契約締結に際して重要な事実を告げなければならず、または重
    要な事項について不実のことを告げてはならないものとされている。これを保険契約者側
    の告知義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。