特支教員が書いた!【明星大学】PL3070重複障害・LD等の心理・生理・病理(1単位目)2019合格レポート

閲覧数289
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 通信教育特別支援学校教員コースの必修です。
    ※2020年現在、特支教員(知的→聴覚)です。
    ※レポート作成時は実習教員です。 現場の目線でレポートを書いています。

     2019年度提出・合格・高評価 ぜひ参考にしてみてください。
    ============================================

             PL3070 重複障害・LD等の心理・生理・病理(1単位目)

    〈課題1〉障害の相互関係を行動システムの観点から述べなさい。
    〈課題2〉様々な障害の病因の在り方を3つの二分法の観点から述べなさい。

    【講評】適切な内容でレポートしてあります。
    【テキスト】「特別支援の心理学〔新版〕-理解と支援ー」
          梅谷忠勇・生川善雄・堅田明義 著編(北大路書房)

    【お知らせ】特別支援コース(小・特支)課程を修了しています。(随時アップ中)私の資料室か
          ら参考になる資料を探してみて下さい。
          https://www.happycampus.co.jp/docs/924218772712@hc20/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    重複障害・ LD 等の心理・生理・病理(PL3070 )1単位目
    〈課題1〉障害の相互関係を行動システムの観点から述べなさい。
    〈課題2〉様々な障害の病因の在り方を3つの二分法の観点から述べなさい。
    ========================================
    1、生体と環境が相互に機能し行動が実行されるという(受容→処理→表出)一連の流
    れ、つまり、外部環境の情報(刺激)を感覚・受容機能で収集し、中枢処理機能で統合、
    運動表出機能で実行されるシステムを行動システムという。各々の機能においての障害を
    整理すると以下の表のようにまとめることができる。(※→は行動システムの流れ)
    受容機能 処理機能 表出機能
    視覚障害(抹消性) 視覚障害(中枢性)
    聴覚障害(抹消性) 聴覚障害(中枢性)
    知的障害
    LD・ ADHD・
    自閉症スペクトラアム
    情緒障害
    言語障害 言語障害(構音障害)
    肢体不自由(脳性まひ) 肢体不自由
    重症心身障害
    また、この一連の行動システムを支える(支持システム)身体の内部障害は、病状、虚弱
    があげられる。
    行動システムは一連の流れであるので、機能系の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。