特支教員が書いた!【明星大学】PB3100初等教育相談の基礎と方法(2単位目)2018合格レポート(講評付き)

閲覧数428
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 通信教育特別支援学校教員コースの必修です。
    ※2020年現在、特支教員(知的→聴覚)です。
    ※レポート作成時は実習教員です。 現場の目線でレポートを書いています。

     2018年度に提出・合格・高評価ぜひ参考にしてみてください。
    ============================================

               PB3100初等教育相談の基礎と方法(2単位目)

    〈課題1〉発達障害のある子どもを通常学級においてどのように理解し支援したら良いか、一つ
         の発達障害を取り上げ、述べなさい。

    〈課題2〉「いじめ」「不登校」「障害がある、あるいはそれを疑う子供の保護者への支援」
         「困った保護者への支援」の問題のうち、いずれか1つを選んで、その理解と支援の
         方法を述べなさい。 ※いじめについて解答しています。

    【講評】レポート提出ご苦労様でした。本レポートは合格です。

    【テキスト】「教師のための教育相談ー日常から子どもに向き合うインクル-シブな発達支援」
           西本絹子著(萌文書林)

    【お知らせ】特別支援コース(小・特支)課程を修了しています。(随時アップ中)私の資料室か
          ら参考になる資料を探してみて下さい。
          https://www.happycampus.co.jp/docs/924218772712@hc20/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等教育相談の基礎と方法(PA1020)2単位目
    ①発達障害のある子どもを通常学級においてどのように理解し支援したら良いか、一つの
    発達障害を取り上げ、述べなさい。
    ②「いじめ」「不登校」「障害がある、あるいはそれを疑う子供の保護者への支援」「困
    った保護者への支援」の問題のうち、いずれか1つを選んで、その理解と支援の方法を
    述べなさい。 ※いじめについて解答しています。
    ========================================
    1.発達障害とは、自閉症スペクトラム(ASD)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、
    LD(学習障害)と定義され、生物的な制約、遺伝子レベルでの素因、環境要因が作用し
    起こるとされる。根治することは難しいが、適切な支援によって良好な発達が実現する。
    ここでは、自閉症スペクトラム(ASD)の行動の捉え方、理解と対応についてまとめ
    る。自閉症スペクトラムはDSM-IVの広汎性発達障害の下位カテゴリーにある全てが連続す
    るという概念で、80年代にウィングによって提唱された。自閉的特性は重度から軽度ま
    で境界線がなく、一般の人々とA..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。