【明星大学】PB2110初等国語科教育法(書写も含む)(1単位目)合格レポート(2018年度 講評付き)

閲覧数131
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 通信教育特別支援学校教員コースの必修です
    (2018年度提出・合格・高評価)ぜひ参考にしてみてください。

    PB2110初等国語科教育法(書写も含む)1単位目
    〈課題〉2008年(平成20年)小学校学習指導要領の目指す理念と、これからの国語科教育の目
        指す目標・内容・指導についてまとめましょう。

    【講評】
    今、必要な指導とは何か、何が求められているのか、指導の在り方、目指す方向を捉えています。
    理念、目標、指導内容をよくまとめています。指導上配慮すべき事項を考察しています。是非こ
    の実践に努めてください。これまでの国語教育の実践を継承し、発展させることが重要です。
    期待しています。

    【テキスト】
    「初等国語科教育法」長谷川清之(明星大学出版)

    【お知らせ】特別支援コース(小・特支)課程を修了しています。(随時アップ中)私の資料室
          から参考になる資料を探してみて下さい。
          https://www.happycampus.co.jp/docs/924218772712@hc20/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等国語科教育法(PB2110)1単位目
    〈課題〉2008 年(平成20 年)小学校学習指導要領の目指す理念と、これからの国語科教
    育の目指す目標・内容・指導についてまとめましょう。
    ========================================
    平成20年告知、小学校学習指導要領では未来を見据えた「これから」という視点で改
    訂が行われた。今までの「生きる力」の理念は継承し、知識基盤社会・グローバル社会を
    生きるためには、異なる文化、文明との共存や国際協力が求められ、確かな学力、豊かな
    心、健やかな体を必要とし、知・徳・体のバランスが重要となった。(基礎的・基本的な知
    識・技能、思考力・判断力・表現力及び学習意欲の重視)国語科においては、国語に対す
    る関心、尊重する態度、各教科等の学習の基本となる国語の能力、言語文化を亭受し継承・
    発展させる態度の育成に重点を置き、第2章第1節に示されている。以下、内容を要約す
    る。
    ○教科目標
    この目標を達成するために、各学年の目標が各領域に対応して(話すこと・聞くこと、
    書くこと、読むこと)示されている。学年目標は児童の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。