臨床心理学4単位目 良評価

閲覧数229
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    臨床心理学 4単位目         皆様の参考の一助になれば幸いです。  会議を「はじめます」と言うべきところを「おわります」と言ってしまった場面を想定し、精神分析の第一局所論に基づき「意識」と「無意識」の二語を使用し、加えてここで作用している防衛機制についても言及し、このような言い間違いが生じた心の動きを説明してください。さらに、会議中に眠気に襲われた場面を想定し、精神分析の第二局所論(構造論)に基づき「自我」「エス」「超自我」のそれぞれの動きを説明し、この状況に折り合いがつくまでの過程を記載してください。 という課題についてのレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    臨床心理学 4単位目
    会議を「はじめます」と言うべきところを「おわります」と言ってしまった場面を想定し、
    精神分析の第一局所論に基づき「意識」と「無意識」の二語を使用し、加えてここで作用
    している防衛機制についても言及し、このような言い間違いが生じた心の動きを説明して
    ください。さらに、会議中に眠気に襲われた場面を想定し、精神分析の第二局所論(構造
    論)に基づき「自我」「エス」「超自我」のそれぞれの動きを説明し、この状況に折り合い
    がつくまでの過程を記載してください。
    心理学では 19 世紀ごろまで、表面化する意識が精神と結びついていると考え、意識研究
    が主流であったが、それに一石を投じたのがフロイトである。フロイトは自身の提唱した
    精神分析理論の中で、人間の心の構造は、意識・前意識・無意識の3つの面があるという
    局所論を唱えた。まず意識は表面化する意識、いわゆる自分の経験だと感じられ自覚認識
    があるものとし、前意識は意識されてはいないが、思い出そうとすれば思い出せるもので
    あり、無意識は全く自覚がない心の働きを指すとした。一見全く自覚のない無意識が無意
    味のように感じられる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。