【佛教大学】宗教史リポート

閲覧数106
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    2020年度 宗教史 合格済みリポート
    課題名:『宗教学の名著30』の第七章,バフチンのドストエフスキー論と、第四章、ブーバーによる我、他者論を、互いに関連づけながら、まとめよ。

    そのままの提出はお控えください。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題:『宗教学の名著 30』の第七章,バフチンのドストエフスキー論と、第四章、ブーバー
    による我、他者論を、互いに関連づけながら、まとめよ。(3200 字)
    序論
    本リポートでは、次に示す順序で設題に答えていくこととする。まず、バフチンの主著
    である『ドストエフスキーの詩学の諸問題』(以下『ドストエフスキー論』と記載)から見
    える、バフチンの我、他者論について、島薗の『宗教学の名著 30』や亀山の『100 分 de 名
    著 ドストエフスキー カラマーゾフの兄弟』を参考にしながらまとめていく。次に、ブ
    ーバーの我、他者論についても同様に上述の『宗教学の名著 30』を参考にまとめ、互いの
    共通点や相違点について、比較考察を行いながらまとめていく。
    本論
    ⑴バフチンの我、他者論について
    バフチンは自己意識の在り方について「一つの『信仰』」(p.272)と述べている。その一
    方で、ドストエフスキーの小説を例に出し「キリストへの信仰によって、対話的な関係の
    外にいて意識し、判断する『自我』というものが保証されるわけではない」(p.274)と述
    べ、単なる信仰だけでは自我の確立は難しいこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。