【明星大学】PB3040初等図画工作科教育法(2単位目)合格レポート

閲覧数88
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 通信教育特別支援学校教員コースの必修です。
    ( 2017年度提出し・合格・高評価)ぜひ参考にしてみてください。

    PB3040初等図画工作科教育法(2単位目)
    〈課題1〉テキスト内の第2章第4節「表現(2)絵に表す】及び「表現(2)版に表す」を600字程度
         で要約しなさい。その上で、あなたが住んでいる地域の特性を生かした「絵に表す」
         または「版に表す」の題材をひとつ考え、その概要を400字程度で述べなさい。
    〈課題2〉テキスト内の「図画工作科の評価」(第4章を読み、「5 評価の観点と評価基準の作
         成」の内の「(1)評価の観点とその趣旨」の①~⑤までを800時程度で要約し、
         200字程度で教育評価の必要性についての私見を述べよ。

    【講評】1,2それぞれ丁寧に考察し、解答されています。

    【使用テキスト】「平成20年度告知新学習指導要領による図画工作科指導法 理論と実践」
            藤江充・岩崎由紀夫・水島尚樹著(日本文教出版)

    【お知らせ】特別支援コース(小・特支)課程を修了しています。(随時アップ中)私の資料室
          から参考になる資料を探してみて下さい。
          https://www.happycampus.co.jp/docs/924218772712@hc20/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等図画工作科教育法(PB3040)2単位目
    1.テキスト内の第2章第4節「表現(2)絵に表す】及び「表現(2)版に表す」を 600 字程
    度で要約しなさい。その上で、あなたが住んでいる地域の特性を生かした「絵に表す」ま
    たは「版に表す」の題材をひとつ考え、その概要を 400 字程度で述べなさい。
    2.テキスト内の「図画工作科の評価」(第4章を読み、「5 評価の観点と評価基準の作成」
    の内の「(1)評価の観点とその趣旨」の①~⑤までを 800 時程度で要約し、200 字程度
    で教育評価の必要性についての私見を述べよ。
    ================================================================================
    1.小学校図画工作・領域のA表現(2)「絵や立体、工作に表す活動」は、思いのまま
    に表す楽しさから自己を見つめ、他者や社会を意識した表現へと広がりながら、発想や構
    想、創造的な技能などの能力を育成する学習である。
    「絵に表す」の学習内容は、立体、工作の表現領域を統合して【内容ア(始まりの発想・
    構想・概..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。