小児看護学実習を通して学んだこと

閲覧数1,209
ダウンロード数6
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    看護学校において、小児看護学実習を終えてのレポートになります。評価はAでしたので、参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児看護学実習を通して学んだこと
    私はこの実習を通して子どもは大人とは違い言葉でうまく表現することができないため、
    看護師がそれを読み取り、子どもの意思を尊重するような働きかけや関わりが重要である
    と感じました。また、小児看護においてのバイタルサインの測定は子どもの状態を把握す
    る上で、とても大きな意義を持つものであると実感しました。子どもでは発達段階や病状
    を考慮して行うことが必要であり、子どもは動きが活発なため、バイタルサイン測定も順
    番通りに行うことができず、臨機応変な対応が看護師には求められるものであると感じま
    した。子どもの理解度に応じて分かりやすい言葉を使うことや、きちんと実施す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。