特支教員が書いた!【明星大学】PB2160 初等教育方法学(1単位目)合格レポート(2016年度 講評付き)

閲覧数232
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 通信教育特別支援学校教員コースの必修です。
    ※2020年現在、特支教員(知的→聴覚)です。
    ※レポート作成時は実習教員です。 現場の目線でレポートを書いています。

     2016年度提出・合格・高評価 ぜひ参考にしてみてください。
    ============================================

                 PB2160 初等教育方法学(1単位目)

    〈課題1〉系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。
    〈課題2〉(1)情報活用能力 (2)絶対評価 (3)生きる力 それぞれ調べなさい。

    【講評】1両者自体について十分な認識です。比較検討はもう少し深めてもよいですね。
        2各事項とも調べてあり、要約も充実しています。

    【テキスト】「教育方法の理論と実践」(明星大学出版部)

    【お知らせ】特別支援コース(小・特支)課程を修了しています。(随時アップ中)私の資料室
          から参考になる資料を探してみて下さい。
          https://www.happycampus.co.jp/docs/924218772712@hc20/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等教育方法学(PB2090 )1単位目
    1.系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。
    2.(1)情報活用能力 (2)絶対評価 (3)生きる力 それぞれ調べなさい。
    ========================================
    1.現在、実践されている教育方法は、教科を中心とする系統学習と学習者を中心とす
    る問題解決学習の二つに分けることができる。それぞれの学習は、教育方法の基礎である
    為、両者の理念を考察し長所短所を明確に把握し整理する。
    系統学習とは、文化遺産や知識などの教材を中心に教師が学習者を直接的に伝授してい
    く教育方法である。文化遺産や科学的な成果等を次世代に伝達・継承するという理念の下、
    知識や技能を系統的に順序良く教授し、的確に習得することを目指している。長所として
    は、多人数の学習者に短時間で一定の知識、教養を与えることに優れていること、教材の
    配列が系統的に教科書などに示されていること、筆記試験など学習者の理解度を測定しや
    すいことがあげられる。一方、学習者自身の考え方は評価されないという課題がある。そ
    のため独特..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。