明星大学 国語 2019 合格レポート 1・2単位目セット

閲覧数106
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 国語 1・2単位 合格レポート(2019)

    レポート提出や科目終了試験の際に参考にしていただければと思います。


    ◯PB1010 初等国語科教育法 1単位、2単位 合格レポート(2019) 

    1単位目
    1.これからの時代に求められる国語力について論じなさい。

    2単位目
    国語科と読書について論じなさい


    参考文献
    「国語科教育法入門」長谷川清之(明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 単位目 これからの時代に求められる国語力について論じなさい。
    これからの時代に求められる国語力について述べる。
    文化審議会答申においての国語力のとらえ方として、①考える力、感じる力、想像する
    力、表す力から成る、言語を中心とした情報を処理・操作する領域。②考える力や、表す
    力などを支え、その基盤となる「国語の知識」や「教養・価値観・感性等」の領域と示さ
    れている。
    まず、①の内容について説明する。
    「考える力」とは分析力、論理構築力などを含む、論理的思考能力である。
    「感じる力」は範囲が広く、相手の気持ちや文学作品の内容・表現、自然や人間に関する
    事実などを感じ取ったり、感動したりできる情緒力。また、美的感性、もののあらわれ、
    名誉や恥といった社会的・文化的な価値に関わる感性・情緒を自らのものとして受け止め、
    理解できる情緒力。さらに、言葉の使い方に対し、微妙な意味の違いや美醜などを感じ取
    る言語感覚であるとされている。
    「想像する力」は、現実には存在していない事柄などを推し量り、頭の中でそのイメージ
    を自由に思い描くことが出来ること。また、相手の表情や態度から言葉に表..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。