日大通信 英米事情Ⅱ 2019~2022年度リポート課題【2019年度の科目習得試験問題、解答例付き]

閲覧数290
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 7ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    日大通信 英米事情Ⅱ 分冊1 レポート、2019~2022年度課題 【科目習得試験問題、解答例付き]
    2019年度の問題も解答をつけてあります。

    丸写しはさけて、参考にしたり、学習に役立てたりしていただければと考えております。 資料として参考にしてください。

    解答例追加  2019年度3回科目習得試験 ①と②を和訳しなさい。
    ①one things pupils and teachers are agreed on: they’re all under pressure from the government to succeed. ②Education in British schools has often been about encouraging pupils' original thought.
    ①生徒と先生が同意させられるたくさんのものごとの中の一つには次のものがあります。彼ら全員は、成功に向かうように、政府から圧力をうけるということです。
    ②英国学校の教育とは、しばしば、生徒の独創的な考えを促すことについての教育だったのです。

    参考文献 教材名著者名等 『Welcome to Britain ─英国の「いま」を知りたい』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 英米事情Ⅱ2019 ~2022 年度レポート課題 【科目習得試験問題、解答例付き]

    英米事情Ⅱ(科目コード N31600 )課題1
    横書解答
    Chapter 1 The United Kingdom? について,以下の設題に全て答えなさい。
    1 .スコットランドとウェールズではイギリスを“England ” と呼ぶことを嫌う場合
    がある。その理由を国の成り立ちと合わせて Part 1 Background から説明しなさ
    い。
    2 .イギリスが直面する難題“challenge ” について,「社会と経済」,「国家と政治」,
    「宗教」,「言語」をテーマとして,Part 3 Challenges for the UK からそれぞれ説
    明しなさい。

    英米事情Ⅱ 課題1
    ポイント・キーワードと参考文献
    〈ポイント〉
    Chapter 1 の内容をきちんと理解することが重要です。なぜタイトルの The
    United Kingdom? に疑問符がつくのかを念頭に置いて読み進めてください。
    〈キーワード〉
    イギリス,英国,Britain,natio..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。