英語文学論2科目最終試験

閲覧数462
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    合格済み科目最終試験答案です。80点でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語文学論2
    1. 以下の問いについて全て解答しなさい。
    (1) ジョン・スタインベックの作品を一つ選び、その作品と最近読んだ小説もしくは観た
    映画とを関連付けて、自分の意見を述べなさい。
    (2) 「黒人差別とアメリカ文学」に関して、具体的な作家名と作品名をを挙げてまとめ、
    自分の経験と関連付けて自分の意見を述べなさい。
    (1)選んだ作品:怒りの葡萄
    怒りの葡萄は、主人公のトム・ジョードが元説教師のジム・ケイシーとジョード一家と
    カリフォルニアを目指して旅をする物語である。中南部の農家は悪天候や猛烈な砂嵐によ
    る不作、そして機械化された農業のために農業が儲からなくなり、農民は次々と銀行によ
    って土地を奪われていた。安住の地と新しい家を求めて旅に出る彼らであったが、この旅
    は極めて困難なものであり、またカリフォルニアにはすでに多くの「オーキー」と蔑称さ
    れる 25 万人もの土地を追われた農民が集まっており、カリフォルニアについた一家にはさ
    らに困難が待ち受けていた…というストーリーである。この作品は、世界恐慌後の社会の
    大不況時代を背景にしており、労働者を搾取する社会のひどい状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。