【最新2019~2022年度】日本大学通信 異文化間コミュニケーション概論 合格レポート

閲覧数1,270
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2019~2022年度 日大通信 異文化間コミュニケーション概論 の合格レポートです。学習の一助としてお使いください。良いレポートのために私のレポートがお役に立てると幸いです。

    講評: 良くまとめられております。

    課題: 次の2問とも答えなさい。
    1 .教材Unit I のChapter 4 Time in Communication を800 字から1,000 字以内で日本語でまとめなさい。
    2 .教材Unit II のChapter 8 Self-assertiveness の内容をよく理解し,異なる文化的背景を持つ人々と接する際に留意すべき点を異文化間コミュニケーションの観点から書きなさい。(800 字から1,000 字以内)

    参考文献:日大教材『Beyond Boundaries』、イマジンネクスト『同僚は外国人』、豊田菜保子『外国人とうまく働く10の秘訣』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    異文化間コミュニケーション概論(科目コード N31700 )
    課題1 次の2問とも答えなさい。
    1 .教材 Unit Iの Chapter 4 Time in Communicationを 800 字から 1,000 字以内で 日本語
    でまとめなさい。
    2 .教材 Unit IIの Chapter 8 Self-assertivenessの内容をよく理解し,異なる文化的背景を
    持つ人々と接する際に留意すべき点を異文化間コミュニケーションの観点から書きなさい。
    (800 字から 1,000 字以内)
    回答1:コミュニケーションにおける時間に対する感覚の違い
    日本には、「5 分前行動」の習慣があります。予定時刻の 5 分前には、それを行う場所に
    行き、定時に物事を始められるように準備をします。日本人は、人を待たせるのは失礼だ
    と考えています。しかし他の文化圏では、コミュニケーションにおける時間に対する感覚
    は違います。
    北米では日程表を作ります。早くからスケジュールを決め、各タスクが予定通りに終わ
    るようにします。彼らは人を待たせることが嫌いですし、自分も時間に遅れないようにし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。