【日大通信】2019~2022年度 日本経済論 課題2

閲覧数330
ダウンロード数6
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    丸写しは控え、参考程度にお使いください。

     超高齢社会における社会保障のあり方について論じなさい。

    〈ポイント〉

     日本は2010 年に65 歳以上の高齢人口が21%に達し「超高齢社会」に入った。少子高齢化の進行とともに社会保障関係支出も拡大しているが,日本の社会保障給付の対GDP 比は,国際的にはそれほど大きいとはいえない。しかし,社会保障の抜本的改革の必要性がいわれている。今後も少子高齢化の進展が予想される中で,社会保障のあり方・財源について自分の考えも交えて論述しなさい。

    〈キーワード〉

     少子高齢化の進展,賦課方式,社会保障と税の一体改革,消費税

    〈参考文献〉

     『日本経済読本』金森久雄,大守隆編,東洋経済新報社,新・旧版を参照。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本経済論 課題
    超高齢社会における社会保障のあり方について論じなさい。
    〈ポイント〉
    日本は 2010 年に 65 歳以上の高齢人口が 21%に達し「超高齢社会」に入った。少子高齢化の進行とともに社
    会保障関係支出も拡大しているが,日本の社会保障給付の対 GDP 比は,国際的にはそれほど大きいとはいえな
    い。しかし,社会保障の抜本的改革の必要性がいわれている。今後も少子高齢化の進展が予想される中で,社会
    保障のあり方・財源について自分の考えも交えて論述しなさい。
    〈キーワード〉
    少子高齢化の進展,賦課方式,社会保障と税の一体改革,消費税
    〈参考文献〉
    『日本経済読本』金森久雄,大守隆編,東洋経済新報社,新・ 旧版を参照。
    社会保障制度とは、国がすべての国民に健康で文化的な生活を保障することを目的とした制度である。公的
    年金、公的医療保険、公的介護保険、子育てに対する公的関与、生活保護、失業保険などが主なものである。
    社会保障制度は高度経済成長期に「正規雇用・終身雇用・完全雇用」の 3 つに基づいて「右肩上がりの経済
    成長」を前提にして作られた。しかし、現在の日本は就..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。