[A評価] 心理学研究法レポート 「心理学研究法のうち、観察法と実験法について述べよ。」 東京福祉大学

閲覧数156
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    教員の高評価の所見をいただいております。 皆様のお役に立てる資料になるかと思います。レポート作成などの参考資料としてご活用ください☆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学研究法のうち、観察法と実験法について述べよ。
    1. レポートの概要
    今回のレポートでは、まず最初に観察法とは、について述べた後、観察法の種類と方法
    と特徴、そして留意点について述べる。次に実験法とは、について述べた後、実験法の方
    法と特徴、そして留意点について述べていくという構成となっている。
    2. 観察法
    (1)観察法とは
    観察法とは、対象の行動を第三者の目から見て記録し、そこから情報を得る方法のこと
    である。
    (2)観察法の種類
    観察法はそもそも、研究のために用いられる観察法と、アセスメントのために用いられる
    観察法で分けることができる。そして、観察法は環境操作の程度によって 2 つに分類され
    る。1 つが、自然観察法であり、もう 1 つが実験観察法である。
    自然観察法は、条件の統制を行わず、自然な状態で起こる行動(例えば、学校や幼稚園や
    家で普段どおりに過ごす様子)を観察することを指す。
    実験観察法は様々な条件を統制した実験室に入ってもらって行動を観察することを指す。
    また、観察者の参加形式による分類として、参加観察(参与観察)と非参加観察がある。
    治療..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。