[A評価] 心理学研究法レポート 「心理学の研究法のうち、面接法と質問紙調査法について述べよ。」 東京福祉大学

閲覧数801
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    教員の高評価の所見をいただいております。 皆様のお役に立てる資料になるかと思います。レポート作成などの参考資料としてご活用ください☆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学の研究法のうち、面接法と質問紙調査法について述べよ。
    1. レポートの概要
    今回のレポートでは、まず最初に面接法とは、について述べた後、面接法の種類と方法
    と特徴、そして問題点や準備・実施上の留意点について述べる。次に、質問紙法(調査法)
    とは、について述べた後、質問紙法の種類と方法と特徴、そして留意点について述べてい
    く。
    2. 面接法
    (1)面接法とは
    面接法とは、対面形式で被験者に対して質問紙、情報を収集する方法のことである。一対
    一の個人面接の形式もあれば、いったい複数あるいは複数体複数といった集団の形式もあ
    る。大事なのは、面接によって得られる情報には、直接的な言葉のやり取りだけではなく
    表情やしぐさなどの非言語情報も含まれるという点である。
    (2)面接法の種類と方法
    面接法は、目的によって調査的面接法と臨床的面接法に分けられる。調査的面接法とは純
    粋に研究データ最終のために行う面接のことで、臨床的面接法は治療的対応をするときに
    必要な情報を採取するための面接である。
    また、面接の実施方法によって、「構造化面接」、「非構造化面接」、「半構造化面接」に区別..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。