[A評価] 発達心理学レポート 「虐待と発達の障害との関係について述べよ。」 東京福祉大学

閲覧数813
ダウンロード数7
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    教員の高評価の所見をいただいております。 皆様のお役に立てる資料になるかと思います。レポート作成などの参考資料としてご活用ください☆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    虐待と発達の障害との関係について述べよ。
    1. レポートの概要
    今回のレポートでは、まず最初に虐待の定義と種類を述べた後、なぜ虐待が起こるのか
    原因を述べ、次に虐待を受けた子供の特徴と、虐待によって起こる子供の発達の障害につ
    いて述べる。そして最後に対策について述べる、という構成となっている。
    2. 虐待とは
    虐待とは、子供の生活や成長に対して責任のある人(親、養育者など)が、その子供に対
    して身体的または心理的な危険をもたらす行為を指す。また、本来行うべき養育行動を行
    わないことで身体的または心理的に危険な状態になってしまった場合も、児童虐待といわ
    れる。
    3. 虐待の種類
    虐待の種類は主に4つに分かれている。1 つ目が、外傷の残る暴行などが当てはまる「身
    体的虐待」、2 つ目が衣食住や清潔などについて、健康を損なうほどに養育行動を放置する
    「ネグレクト」、3 つ目が極端な心理的外傷を与えると思われる行為が当てはまる「心理的
    虐待」、そして 4 つ目が親や保護者による性的な虐待が当てはまる「性的虐待」である。た
    だ、この 4 つに加え、欧米ではドメスティックバイオレンスの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。