国語音声学【分冊2】

閲覧数129
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 12ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【日大通信】国語学概論(M31400)課題2 2019~2022年度

    「国語音声学」分冊2の合格リポートでございます。

    「日本語の方言アクセントについて、適切な記述がなされています。」との講評を頂戴しました。

    少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。
    レポート執筆がんばって下さいね!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    20 × 10
    (1) 日 本 語 の ア ク セ ン ト は 、 音 節 間 の 相 対 的 高
    低 に よ る 高 さ ア ク セ ン ト で あ る 。 ア ク セ ン ト
    の 機 能 に は 、 同 音 語 の 意 味 を 区 別 す る 弁 別 機
    能 と 、 語 の 切 れ 目 を 示 す 統 語 機 能 と が あ る 。
    日 本 語 の ア ク セ ン ト は 地 域 に よ る 異 な り が
    大 き く 、 東 京 式 ( 乙 種 )、 京 阪 式 ( 甲 種 )、 二 型
    ( 特 殊 式 ・ 鹿 児 島 式 )、 一 型 ( 無 ア ク セ ン ト )
    の 4 つ の タ イ プ に 大 別 さ れ る 。
    ま ず 、 東 京 式 は 、 北 海 道 ・ 東 北 北 部 ・ 関 東
    ( 北 部 の 一 部 を 除 く ) ・ 中 部 ( 北 陸 を 除
    20 × 10
    く ) ・ 中 国 ・ 九 州 東 北 部 等 で み ら れ 、 共 通 語
    に 類 似 す る 。 2 拍 以 上 の 語 や 文 節 に お け る 高
    低 関 係 は 決 ま っ て..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。