中央通教2018(破産法)課1

閲覧数279
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    中央通教2018年破産法課題1評価Cでした。

    参考までに

    タグ

    中央通教破産法レポート

    代表キーワード

    中央大学法学破産法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    1.破産原因
    破産法 15 条 1 項は、「債務者が支払不能にあるとき、裁判所は同法 30 条 1 項により申
    立てにて、決定で破産手続を開始する。」とし、第 2 項に「債務者が支払を停止したとき、
    支払不能にあるものと推定する。」と定め、同法 16 条 1 項には、法人の破産手続開始の原
    因として債務者が法人の場合、同法 15 条1項の適用について「支払不能は、支払不能ま
    たは債務超過とする。」とある。
    支払不能とは、債務者が、支払能力を欠き、その債務のうち弁済期に、一般的かつ継続
    的に弁済できない状態をいう(同法 2 条 11 項)。法人、自然人および信託財産について共
    通の破産手続開始の原因である。また、弁済期の到来した債務一般を請求に応じて順調に
    弁済できない状態をいう。そして、特定の債権者との間でのみ弁済不能になっても、将来
    弁済期が到来する債務の弁済不能が予想されても、支払不能とはいえず、債権者が請求し
    ない限り、支払不能を生じない。また、即時に弁済すべき債務を継続的に順調に弁済でき
    ない状態かつ、現在一時的に弁済できない状態にあるが、近い将来には融資が実行される..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。