税法2

閲覧数304
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    合格リポートです。あくまで参考にご使用下さい。不合格になった際も責任は負いかねます。

    「実質課税の原則」が現行法下で成立するか否か検討し、同「原則」の法イデオロギーとしての性格を論じなさい。

    参考文献:『納税者の権利』、『現代税法講義[四訂版]』、租税法[第21版]、納税者の権利と法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    税法(科目コード K31500)課題2 横書解答 「実質課税の原則」が現行法下で成立す
    るか否か検討し,同「原則」の法イデオロギーとしての性格を論じなさい。
    税法 課題2 ポイント・キーワードと参考文献
    〈ポイント〉 実質課税原則の意義,7 つの類型分析と実質課税論の実態,実質課税論
    の機能と 租税法律主義との関係,法現象としての実質課税論とその正体 〈キーワード〉
    借用概念,租税回避行為と仮想行為,所得の帰属,違法所得,租税特別措置 〈参考文献〉
    『納税者の権利』北野弘久著(岩波新書)」
    税法の解釈・適用上の指導法原理としての租税法律主義とは個別の原理として、「実質課
    税の原則」を主張する考え方がある。実質課税の原則とは、一口にいえば、税法の領域に
    おいては形式的な事柄に捉われず、実質・実態に即して法の解釈・適用を行うべきである
    という原則である。しかしこれを許容する時、納税者の法律関係を否定するとともに、租
    税法律主義の原理を崩壊させることになる為、現行法下では成立しない。
    実質課税の原則は、その適用が論じられた事例を 7 つに類型化して否定することができ
    る。①借用概..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。