日本大学通信教育部 心理学分冊1 合格レポート 平成29・30年度

閲覧数353
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    講評 
    課題のテーマを理解し、テーマに即したレポートを作成しています。
     
    講評における判定は記載されていませんでした。

    参考文献;日本大学通信教育部「新しい心理学のゼミナール 著者藤田主一」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    下 記 に 、 人 間 発 達 の 仕 組 み と そ の 発 達 段 階
    ( 乳 児 期 ~ 成 人 後 期 ) に つ い て 述 べ る 。
    ま ず 、 動 物 と 人 間 に つ い て 述 べ る 。 ス イ ス
    の ポ ル ト マ ン 曰 く 、 哺 乳 類 は 留 巣 性 と 離 巣 性
    に 分 け ら れ る 。 人 間 の 妊 娠 期 間 ( 10 月 十 日 )
    は 早 期 で あ る こ と と 、 生 後 1 年 間 は 母 体 に い
    る の と ほ ぼ 変 わ ら な い 、 と い う こ と か ら 人 間
    を 二 次 的 留 巣 性 に 分 類 し た 。
    次 に 、 初 期 経 験 と 臨 界 期 に つ い て 述 べ る 。
    初 期 経 験 と は 、 追 従 す る 習 性 を も つ 動 物 ( 例
    カ ル ガ モ ) が 、 生 後 に 動 く 大 き な 対 象 を 見 た
    際 に 、 自 分 の 親 と 認 識 す る こ と で あ る 。 そ し
    て 、 そ れ を 決 定 す る 期 間 の こ と を 臨 界 期 と 呼
    ぶ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。