【日大通信】経済開発論(R31400)課題1(新教材)【2019~2022年度】

閲覧数730
ダウンロード数15
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    【日大通信】経済開発論(R31400)課題1(新教材)【2019~2022年度】

    経済開発論、課題1(新教材)の合格リポートです。

    講評では、「よくまとまっています。」とコメントをいただいております。

    丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。
    ご使用は自己責任でお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済開発論(科目コード R31400)課題1(新教材)
    【課題】
    発展途上国の都市・農村の格差問題に着目し、データを用いてその実態を説明した上で、
    格差を解消するためにいかなる政策の推進が望ましいか、その検討を踏まえて農村開発に
    関わる政策の在り様について論じなさい。
    <ポイント>
    ・ウェブサイトやテキスト等のデータ等を用いて、都市・農村の格差や農村のおける貧困
    の実態を説明していること。
    ・都市期待所得と農村所得の格差、都市・農村間の人口移動問題と都市問題の原因を説明
    していること。
    ・テキストの内容を踏まえて、農村の貧困発生の要因を把握し、その解決策としての農村
    政策の在り様を説明していること。
    <キーワード>
    都市インフォーマルセクター、都市期待所得、農業開発、農村開発、農外所得
    (以下本文)
    戦後の世界では、自由経済・市場原理を基本とした経済開発が多く行われ、特に工業化
    へ舵を切る例が多かった。アーサー・ルイスが提唱した二重経済発展モデルの通り、農村
    部の安い労働力が都市部へと集中したが、トリクルダウン効果によって農村部へ波及する
    ことは無く、現実として農村..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。