日大通信 国際私法 2019〜2022年度 課題1 合格レポート

閲覧数706
ダウンロード数5
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    日大通信 国際私法 2019〜2022年度 課題1 合格レポートです。
    丸写しはせず、参考程度にご利用ください。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 国際私法 2019〜2022年度 課題1 合格レポート
    国際私法 課題1
    渉外紛争において準拠法を選択する手続プロセスを説明し、問題点を考察する。[教材
    39〜75頁、99〜103頁]
    〈ポイント〉
    ①渉外事件で何が問題となっているか。
    ②準拠法選択のための連結点は何が適当か。
    ③準拠法が選択されるが、その国に問題はないか。
    ④準拠法を適用する際に、その国の法の適用内容に問題はないか。
    準拠法の決定手続きにつて全体的な流れを理解する。
    英語の文型 ①S+②V+③O+④Cに習う。
    〈キーワード〉
    ①法律関係の性質決定S
    ②連結点V
    ③準拠法の指定O
    ④準拠法の適用(C)
    〈参考文献〉
    ・日大通信 国際私法教材
    ・「ポイント国際私法総論(第2版)」道垣内正人、2007年
    渉外的法律関係とは、当事者の国籍、住所、目的地、行為地、不法行為地、契約の締結地・履行地
    などの地域的な要素が複数の国や国家法に関連する法律関係のことである。国際私法とは、この渉
    外的法律関係を規律する統一法がない場合に、適用されるべきものとして選択された実質法、つま
    り準拠法を指定する法である。日本では、200..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。