保護観察官と保護司の身分、役割、職務、関係性などについて論じなさい。

閲覧数229
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    100点満点のレポートです。
    参考資料
    新・社会福祉士養成講座20「更生保護制度 第4版」社会福祉士養成講座編集委員会編集(2017年2月 1日)中央法規

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保護観察官と保護司の身分、役割、職務、関係性などについて論じなさい。
     保護観察官は常勤の国家公務員であり、法務省の地方支分部局である地方更生保護委員会(全国8ヶ所)および保護観察所(全国50ヶ所)に配置される。
     職務内容としては医学・心理学・教育学・社会学その他更生保護に関する専門的知識に基づき、保護観察、調査、生活環境の調整、犯罪をした者や非行のある少年の再犯・再非行を防ぐ事、社会復帰の為の指導や援助となる改善更生を図るために指導監督(指導)および補導援護(支援)を実施する事が挙げられる。
     主要業務である保護観察は面接その他適当な方法により、少年・成年保護観察対象者(以下対象者)の行状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。