昨今の災害対策についての国の取り組みについて論ぜよ(DPATについても言及すること)

閲覧数123
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員1,650円 | 非会員1,980円

    資料紹介

    【科目】精神保健の課題と支援
    【テーマ】昨今の災害対策についての国の取り組みについて論ぜよ(DPATについても言及すること)
    【教員評価】100点
    【規格】1000~1200字
    【参考】
    主に教科書を参考に作成しているため、多くの場合で使用できると思われます。
    その他の参考資料も含め、参考資料はレポート最終ページに記載。
    精神保健福祉士短期養成校にて使用。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    昨 今 の 災 害 対 策 に つ い て の 国 の 取 り 組 み に
    つ い て み て い き た い 。
    日 本 は 地 震 や 火 山 噴 火 、 津 波 、 台 風 や 豪 雨
    な ど の 自 然 災 害 が 多 い 国 の 為 、 西 日 本 大 震 災
    の 教 訓 を 踏 ま え 、 2012 年 に 災 害 対 策 基 本 法 が
    施 行 さ れ る こ と と な っ た 。
    災 害 対 策 の 実 施 主 体 を 「 自 助 ・ 共 助 ・ 公 助 」
    と し 、 住 民 一 人 ひ と り が 自 発 的 に 行 う 自 助 や
    地 区 内 の 住 居 者 等 が 連 携 し て 行 う 共 助 に よ る
    防 災 活 動 を 推 進 す る こ と と さ れ て い る 。
    ま た 、 国 に は 防 災 基 本 計 画 、 都 道 府 県 及 び
    市 町 村 に は 地 域 防 災 計 画 の 策 定 が 義 務 付 け ら
    れ て い る と 共 に 、 年 齢 や 性 別 、 障 害 の 有 無 な
    ど の 被 災 者 の 多 様 性 や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。