博物館における資料のドキュメンテーションとデジタルアーカイブズに関する私のまとめ

閲覧数53
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2020/01/14 15:01
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    八洲学園大学のレポートです。
    2109年秋期第1回目の課題です。
    丸写し等せず,参考資料として使ってください。
    レポート評価はAでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題
    教科書第4章「資料のドキュメンテーションとデジタル・アーカイブス」について、700~800 字でまと
    めよ。また、末尾に 150 字以内でここまでの本科目の学習について感想を書くこと。
    テキスト
    稲村哲也・近藤智嗣著『博物館情報・メディア論』2018 年 3 月 20 日発行
    評価 A
    「非常によく内容を読みこなして理解していらっしゃることが伝わる。」
    「文中の言葉を理解し、自分の文章に利用する能力も、学芸員の仕事の上で大切なスキルとなる。」
    と,フィードバックをいただきました。
    本文 799 字
    感想 147 字
    博物館における資料のドキュメンテーションとデ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。