慶應通信 合格レポート 経済政策学(E)

閲覧数607
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 7ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    慶應通信 合格レポート
    課題概要:財政と民主主義の関係について説明せよ。
    ※あくまで参考としてご活用いただき、丸写し等はご遠慮ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済政策学(E)

    日本国憲法の第八十三条には、「国の財政を処理する権限は、国会の議決に基づいて、これ
    を行使しなければならない。」と記されている。これは財政民主主義と呼ばれ、政府や地方自
    治体が課税を行い、支出を通じて行政サービスの提供などを行うことが「財政活動」である
    が、そこには民主的な手続きが必要であるというのが、財政民主主義の考え方である(1)。こ
    の明文規定からも分かるように、現代の日本において、財政と民主主義は密接に結びついて
    いることは明らかである。
    では、財政と民主主義は具体的にどのような関係があるのだろうか。本レポートでは日本
    の財政及び民主主義に焦点を当て、第1章で江戸時代に財政は存在したか、第2章で近代財
    政の成立について説明することから日本における財政の成立時期と財政の成立に必要な条件
    を説明する。続く第3章で現代の財政問題とその対策について述べた後、結論を述べること
    とする。
    第1章:江戸時代に財政は存在したか
    本章では、江戸時代に財政は存在したかどうかについて説明する。財政という言葉は、明
    治時代になってから、public finance の翻..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。