日本大学通信教育部 経済学分冊1合格レポート 2019~2022

閲覧数318
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    講評
    ポイントを押さえてまとめています。文章やその構成についてもよいでしょう。
    参考文献:日本大学通信教育部 「経済学B11800」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    課 題 の ① か ら ⑤ に つ い て 図 と 式 を 用 い な が
    ら 順 に 説 明 す る 。
    ① と は 、 財 を 購 入 す る 際 、 予 算 に よ り 需 要
    量 が 決 定 す る 。 こ れ を 予 算 制 約 線 と い う 。 予
    算 を 超 過 し て 財 を 需 要 す る こ と は 不 可 能 で あ
    り 、 逆 に 予 算 を 残 す こ と は 需 要 者 の 効 用 が 最
    大 で は な い た め 、 最 適 な 消 費 行 動 で は な い 。
    す な わ ち 、 予 算 を 全 て 消 費 し 、 か つ 効 用 が 最
    大 と な る 際 の 需 要 量 で 消 費 活 動 が 行 わ れ る 。
    こ の 時 の 予 算 式 は 、 需 要 量 X 、 価 格 P1 、 予 算
    M と す る と M= PX に な る 。 2 財 目 を 考 慮 す る と 、
    需 要 量 Y 、 価 格 P2 と し た 場 合 、 予 算 式 は M= XP1
    + YP2 と な り 、 下 記 の 図 a と な る 。
    図 a が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。