社会福祉原論④レポート

閲覧数350
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    東北福祉大学通信教育部の社会福祉原論4単位目のレポートです。評価は良でした。参考までに使用してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    社会福祉原論、 4 単位目、 17TW353、佐々木大祐
    <課題>
    『自己の“社会福祉”観をまとめてください』
    <解答>
    社会福祉とは何なのであろうか。筆者はこれまでの学習を通して「社会福祉とは人と環
    境の両方に働きかけウェルビーイングの向上を目指すものである」と認識している。では
    ウェルビーイングを向上させるためにはどうすればよいのだろうか。本論では社会福祉を
    筆者なりに再定義し、ウェルビーイングを向上させる方法について考えていきたい。本論
    におけるキーワードとしてウェルビーイングがあげられる。ウェルビーイングについて
    『満足のいく状態、安寧、幸福、福祉などを意味する言葉』
    1 と説明されている。しかし
    ながらこの表現ではとても抽象的で曖昧であったため、ここでは筆者なりにウェルビーイ
    ングを「人々の幸福度」と再定義していく。つまり社会福祉は人々の幸福度を高めること
    を目指すものなのである。
    ではウェルビーイングを向上させるためにはどうすればいいのだろうか。しかしながら
    たった数か月社会福祉の勉強をした程度ではこの疑問の答えを出すのは難しいと考えた。
    国家試験に合格し、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。