臨床医科学Ⅱ 設題1

閲覧数526
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    平成31年度姫路大学通信教育課程「臨床医科学Ⅱ」の合格済レポートです。
    「虚血性心疾患について説明しなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1
    虚血性心疾患について説明しなさい。
    虚血性心疾患とは、心筋に血液を供給する冠動脈が詰まったり、狭くなることによって、心筋が虚血状態(血
    液不足)に陥った時におこる病気のことである。状態によって、狭心症と心筋梗塞に大別される。
    狭心症は、冠動脈が動脈硬化により狭くなり、血流が減って心筋に供給される酸素や栄養が不足する病気であ
    る。胸の中央からみぞおちにかけて胸痛や、胸の圧迫感、動機や息苦しさなどが起こる。発作は一時的なもので、
    冠動脈の血流が改善すれば治まる。胸痛は長くても15分程であるが、発作が長く続く場合は、冠動脈の血流が
    完全に途絶えている心筋梗塞が疑われる。放散痛といって、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。