27. 科目名「精神保健福祉援助技術各論」 題「集団援助における原則や展開方法、注意点等について」

閲覧数827
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    ファイル形式:Word
    文字数:1200文字強
    総合評価:B+

    評価ポイント

    ●文章構成が適切である:優れている
    ●課題の趣旨を理解している:特に優れている
    ●趣旨が通っている:優れている

    採点者からのコメント

    「集団援助技術を用いた集団援助の適用分野は、福祉支援現場のみでなく、医療現場においても活発に展開されています。精神科病院で提供されている具体的プログラム(例えば精神科デイケアなど)についての説明があれば、よりよかったと思います。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名:精神保健福祉援助技術各論
    題: 集団援助における原則や展開方法、注意点等について
    精神障害者の福祉支援現場で使用される集団援助は、意図的なグループ経験を通じて、
    障害者の社会生活技能を高めることを目的としたリハビリテーション技法の一つであるが、
    病状の理解を怠ったり、個人のニーズを見過ごしてしまったりすることで、返って病状を
    悪化させてしまう可能性があるので注意が必要である。以下に、集団援助における原則や
    展開方法、そして適用にあたっての注意点についてまとめる。
    集団援助を提供していく上で大前提となるのは、その環境が利用者にとって安全であり、
    自分の意思が尊重される場であるという..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。