心理学研究法Ⅰ 2単位目 優評価

閲覧数577
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    皆様の参考の一助になれば幸いです。

    「観察法」「面接法」「質問紙法」のそれぞれについて、その方法の効用と限界(留意点)を述べなさい。

    という課題についてのレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    心理学研究法Ⅰ 2 単位目
    課題4:「観察法」「面接法」「質問紙法」のそれぞれについて、その方法の効用と限界(留
    意点)を述べなさい。
    心理学を研究していく上で、頻繁に用いられる方法として「観察法」「面接法」「質問紙
    法」がある。それぞれについて効用と限界について述べる。
    ① 観察法
    観察法とは、観察対象者であるクライエントなどの行動を注意深く見ることによって、
    対象者を理解する研究法である。その目的は、クライエントが抱えている問題にまつわる
    要因を見出すことにある。例えば、クライエントの非言語的な部分に着目し、服装や髪型
    などの外見、顔つきや顔色などの表情から読み取ることができる。
    緊張感や不安感など心の動きも現れることがあるため、注意深く観察することはクライ
    エントの人物像を言語的な部分以外で知るために有効である。また、実験法も併用するこ
    とで、様々な条件下でのクライエントの行動や態度などを観察でき、より多くの状況に対
    応した観察ができ有効である。これらからも、クライエントがどのような人物か、観察法
    から大まかに知ることができる。
    逆に、観察可能な部分は外的な部分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。