【最新2019~2022年度】日本大学通信 英米文学概説 課題2 合格レポート

閲覧数3,062
ダウンロード数51
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    【最新2019~2022年度】日本大学通信 英米文学概説 課題2 合格レポート

    2019~2022年度 日大通信 英米文学概説 課題2の合格レポートです。合格したばかりですので、参考としてのご利用とし、丸写しはご遠慮ください。 (文字数を合わせるため、英語表記部にはスペースを入れている箇所があります。)

    課題: 教材の第2章を読んで,取り上げられている英詩のうち,少なくとも4つ以上を 挙げ,それぞれが何を表現しようとしているか,論述しなさい。その際,詩の日本 語訳も付けること.

    講評:完成度の高いレポートです。課題が求めるところをきちんと理解し、ラーナー氏の主張をよく伝えています。結論部もよいと思います。

    参考文献:日大教材、「ロバート・へリック研究」 石井 正之助 (著)、「ワーズワース研究」 原 一郎

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学概説(科目コード N20300 )課題2 英語文学概説(科目コード N20400 )
    教材の第 2 章を読んで,取り上げられている英詩のうち,少なくとも 4 つ以上を挙げ,
    それぞれが何を表現しようとしているか,論述しなさい。その際,詩の日本語訳も付ける
    こと。
    文学は、特定の社会から生まれ、特定の社会へ語るものであるから、英文学は英国人か
    西欧の人々にしか理解できない、という説がある。しかし、文学は普遍的な意味を持つも
    のなので、どこの国で書かれた作品でも簡単に鑑賞することができる、ともいえる。おそ
    らく後者の方がより真実に近いのではないか。
    まず、普遍的なものである恋愛に関する2つの詩について述べる。
    Odi et amo.quare id faciam, fortasse requires.
    Nescio. sed fieri sentio et excrucior.
    (I hate and love. It may be you are puzzled how that can be.
    I do not know. But I feel that it i..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。