【東北福祉大学】精神保健福祉援助技術各論 2単位め_評価:良

閲覧数254
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    精神保健福祉援助技術各論(精神保健福祉士指定科目)2単位めのレポート課題です。ストレングス視点を用いたケアマネジメントについて問われます。用語理解と共に実践への知識と関心が必要な課題です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神保健福祉援助技術各論 2単位め
    (課 題)
     ストレングスを活用して行うケアマネジメントについて述べなさい。
    (解 答)
     ケアマネジメントの創成は、
    1960
    年代のアメリカで起こった精神科病院や巨大施設の脱
    施設化の流れの中にあると言われている。当時、精神障害や知的障害をもつ方々が地域生
    活を始めたことで、社会に混乱をきたした。その混乱した状況の中で、地域生活を支える
    ための援助技術が求められるようになり、誕生したのがケアマネジメントであった。
      ケアマネジメントは、技術的側面として、インテーク、アセスメント、プランニング

    モニタリング、インターベーション、モニタリング、エバリューション、ターミネーショ
    ンという過程で構成されている。主に期待される必要性と役割として、①地域ケアの提供
    体制の構築 ②的確なサービス利用の相談・援助 ③支援ニーズ増加への対応 ④社会
    的・人的ネットワークの構築 ⑤費用対効果を見込んだ支援 の
    5
    点が挙げられる。
     以下では、そのケアマネジメントの中でも、特にストレングスを活用したものについて

    その歴史と特徴について論ずる。 
     まスト..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。