【日大通信】金融論(R31800)課題2【2019~2022年度】

閲覧数3,973
ダウンロード数47
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【日大通信】金融論(R31800)課題2【2019~2022年度】

    金融論課題2の合格リポートです。

    実際に当方が提出して合格した内容そのままのものをアップロードしています。
    講評で指摘された内容等は修正しておりません。

    丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。
    ご使用は自己責任でお願いします。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【日大通信】2019~2022 年度リポート課題
    金融論(科目コード R31800)課題2
    日本銀行の金融政策について、その目的と手段をのべなさい。
    〈ポイント〉
    日本銀行は、根拠法である日本銀行法により、物価の安定のために金融政策を実施してい
    ます。そこで「物価の安定」の定義と実際の数値目標を確認することからはじめましょう。
    また、金融政策の目的を達成するために実施する金融調節の操作目的、手段(操作方法)を
    良く確認しましょう。なお、金融政策の手段については、具体的かつ詳細に説明することが
    大切です。
    〈キーワード〉
    物価の安定、公開市場操作、基準貸付利率、補完当座預金制度適用利率
    日本銀行は中央銀行としての業務を通じて経済活動を支える基盤を提供するとともに、
    金融政策の運営や金融システムの安定確保を図ることにより我が国の経済の安定的発展に
    貢献している。日本銀行の目的は「物価の安定」と「金融システムの安定」である(日本銀
    行法第 1 条、2 条)。
    ⑴物価の安定
    「物価の安定」とは経済主体が物価水準の変動に煩わされることなく、消費や投資などの経
    済活動にかかる意思...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。