【日大通信】H29、30年度 生物学 分冊1

閲覧数99
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/10/18 13:15
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    H29、30年度 生物学 分冊1の合格レポートです。
    丸写しはせず参考程度にお使いください。

    〈参考文献〉
     系統看護学講座 基礎分野 生物学(医学書院)


    ATPとはアデノシン三リン酸の略で、アデニンという塩基とリボースという糖にリン酸が3つ結合したものである。

    アデニンとリボースがグリコシド結合したものをアデノシンと呼び、塩基と糖が結合したものをヌクレオチドと呼ぶ。
    リン酸同士の結合は高エネルギーリン酸結合と呼ばれ、多量のエネルギーを含む不安定な結合をしている…

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    H29、30年度 生物学 合格レポート
    〈参考文献〉
    系統看護学講座 基礎分野 生物学(医学書院)
    ATPとはアデノシン三リン酸の略で、アデニンという塩基とリボースという糖にリン酸が3
    つ結合したものである。
    アデニンとリボースがグリコシド結合したものをアデノシンと呼び、塩基と糖が結合したも
    のをヌクレオチドと呼ぶ。
    リン酸同士の結合は高エネルギーリン酸結合と呼ばれ、多量のエネルギーを含む不安定な結
    合をしている。
    ATP分解酵素がリン酸結合を加水分解するとADP(アデノシン二リン酸)とリン酸になる。こ
    の時、1モルのATPあたり30.5KJの自由エネルギーが放出される。
    ATP..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。