【日大通信】H29・30年度 生物学 分冊2

閲覧数103
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/10/18 13:15
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    H29、30年度 生物学 分冊2
    合格レポートです。
    丸写しは控え、参考程度にお使いください。

    〈参考文献〉
     系統看護学講座 基礎分野 生物学(医学書院)



    約30億~40億年前に原始地球で無生物から生物が発生したとされる過程を生命の起源と呼ぶ。

    19世紀までは「生物が親が無く無生物から一挙に生まれることがある」というアリストテレスの自然発生説が支持されていた。自然科学者の間では、アレクサンドル・オパーリンなどによる物質進化を想定した化学進化説が受け入れられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    H29 、30年度 生物学 分冊2 合格レポート
    〈参考文献〉
    系統看護学講座 基礎分野 生物学(医学書院)
    約30億~40億年前に原始地球で無生物から生物が発生したとされる過程を生命の起源と呼
    ぶ。
    19世紀までは「生物が親が無く無生物から一挙に生まれることがある」というアリストテ
    レスの自然発生説が支持されていた。自然科学者の間では、アレクサンドル・オパーリンな
    どによる物質進化を想定した化学進化説が受け入れられている。
    ・自然発生説とその否定
    自然発生説は多くの科学者が反論や否定の実験を行った。
    まず最初に対照の概念をもたらしたのはフランチェスコ・レディの実験(1668 年)である。
    2つのビンの中に魚の死体を入れ、布で蓋をしたものと蓋をしなかったものを数日間放置す
    る。すると、蓋をしたビンにウジは湧かなかったが、蓋をしなかったビンにはウジが湧いた。
    これは蓋によってハエが魚に卵を産み付けられないようにすることでウジが発生しないとい
    うことを証明したものであった。
    しかし、レーウェンフックの発見した微生物により完全否定が難しくなった。そこで「有機
    物溶液の変化と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。