【日大通信】H29・30年度 心理学 分冊1

閲覧数154
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/10/18 13:14
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    課題:人間発達のしくみについて説明しなさい。また、発達段階(乳児期〜老年期)の特徴について、具体例をあげて述べなさい。
    キーワード:動物と人間、初期経験と臨界期、発達の原理、発達段階
    参考文献:『新こころへの挑戦―心理学ゼミナール』藤田主一編著(福村出版)
         『応用心理学事典』日本応用心理学会編(丸善)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    H29 ・30 年度 心理学 分冊 1 合格レポート
    課題:人間発達のしくみについて説明しなさい。また、発達段階(乳児期〜老年期)の特徴につい
    て、具体例をあげて述べなさい。
    キーワード:動物と人間、初期経験と臨界期、発達の原理、発達段階
    私たち人間は保護者の助けがあり、心と身体が発達して大きくなりやがて自分ひとりで生きていく
    ことができるようになる。では、人間発達の仕組みがどのようなものか述べていく。
    まず、人間の発達は動物の発達とは異なる点がある。
    1、個体発生について
    ウマやウシ、サルなどの動物は誕生したその時から歩いたり、餌を得たりできる。
    一方イヌやウサギ、ネズミなどは人間と似ていて親の保護を必要とし、生まれてきたときの姿は親
    の身体バランスと異なっている。
    しかし人間は、生後 1 年間母体の中と同じような環境でなければいけないという大きく違う点があ
    る。
    2、初期経験と臨界期について
    初期経験はアマラとカマラや、カルガモのひな鳥の「刻印づけ」が良く知られている。生まれて
    最初にみた狼を親だと認識し野生児として生活していたアマラとカマラは、発見された後、人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。