【日大通信】2019~2022 国文学基礎講義 分冊2

閲覧数145
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    2019~2022年度 国文学基礎講義 分冊2 合格レポートです。
    丸写しは控え、参考程度にお使いください。

    井原西鶴の登場と時代背景、流行作家西鶴の活躍について説明しなさい。

    〈ポイント〉 
    十七世紀の上方における社会状況の中で西鶴を捉え、『好色一代男』の歴史的意義を考える。

    〈キーワード〉 
    「元禄時代」「出版」「悪所」「浮世草子」「画期性」

    〈参考文献〉
     『西鶴を学ぶ人のために』谷脇理史・西島孜哉編(世界思想社一九九三年)
     『井原西鶴』(二十一世紀日本文学ガイドブック4)中嶋隆編(ひつじ書房二〇一二年)
     『浮世草子大事典』長谷川強監修(笠間書院二〇一七年)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2019 ~2022 年度 国文学基礎講義 分冊 2 合格レポート
    井原西鶴の登場と時代背景、流行作家西鶴の活躍について説明しなさい。
    〈ポイント〉
    十七世紀の上方における社会状況の中で西鶴を捉え、『好色一代男』の歴史的意義を考える。
    〈キーワード〉
    「元禄時代」「出版」「悪所」「浮世草子」「画期性」
    〈参考文献〉
    『西鶴を学ぶ人のために』谷脇理史・西島孜哉編(世界思想社一九九三年)
    『井原西鶴』(二十一世紀日本文学ガイドブック4)中嶋隆編(ひつじ書房二〇一二年)
    『浮世草子大事典』長谷川強監修(笠間書院二〇一七年)
    1、井原西鶴という人物と活躍について
    井原西鶴は、浮世絵の松尾芭蕉と浄瑠璃の近松門左衛門と共に元禄時代の三大家として国際的な評
    価を得た一人である。
    江戸時代前期、経済の活性化と共に文芸も発達し優れた作品を多く残した文化を元禄文化という。
    西鶴は寛永十九年に生まれ、大阪で活躍した。十五歳で俳諧を志し、二十一歳でプロの俳諧師にな
    った。
    俳諧活動の初まりは寛文 6 年刊の『遠近集』で三句入集したことである。当時は西鶴ではなく鶴永
    という号であった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。