【東北福祉大学】福祉法学1単位め_評価:優(オールA)

閲覧数96
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    • 最終修正日: 2019/10/18 13:14
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    福祉法学(社会福祉士指定科目)1単位めのレポート課題です。最高評価(評点オールA)をいただきました。成年後見制度について事例を交えて論じる必要があるため、構成力が問われる印象です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     福祉法学 1単位め
    (課 題)
     成年後見制度について、事例を挙げながら、説明しないさい。
    (解 答)
     成年後見制度は、認知症高齢者や知的障害者、精神障害者等の判断能力が不十分な人々
    の生活全般を支援し保護するための司法制度である。具体的には、成年後見制度の対象者
    の身上監護事務および財産管理事務を、本人とともに本人の支援者である成年後見人等が
    行うものである。
     成年後見制度は、本人の保護・支援の内容が法律とそれに基づく家庭裁判所の決定に
    よって決められる法定後見制度と、自己の後見のあり方を本人が判断能力を有しているう
    ちに自らの意志で決めておく任意後見制度の
    2
    種類に分けられる。
     法定後見制度は、現に判断能力が不十分な状態にある本人について、本人または家族等
    の申立てに基づ家庭裁判所が法定後見の開始を審査し、本人の契約締結能力に一定の
    制限を加本人の成年後見人等を選任する。法定後見制度は、本人の判断能力の程度に
    応じて、後見、保補助の中から適切な類型を選択して制度を利用することになる。以
    下ではその
    3
    つの類型についてそれぞれ概説する。
     成年後見の対象者は精神上の障害に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。